5月は花の季節。

 やっと来たかー!

 思わず笑顔になります。庭の桜も咲きました。

 でも、勝手を言うと、桜に限っては花が咲いてしまうと寂しい。寂しいというより、悲しい。

 可憐な桜。

 風が強いと、逆らうこともせず、花びらはハラハラと飛んでいく。見ているこちらがハラハラ。

 けれども咲く前のつぼみなら、まだ安心。

 

 面白い本に出逢った時もそう。

 お願いだから終わらないでと思う。

 だから途中までは安心。半分くらいまでなら。問題は後半。ラストが近づくにつれ、ぐいぐい引きこまれながら、読み終えた後の寂しさを想う。

 損な性格だなー(笑)

 肝心なことには気づかないのに、こういうことは先まわりする悪い癖。

 

 今、庭の桜は満開。

 幸い風はない。

 花びらも無事。

 そろそろ、その時その時を味わいながら、その時だけを楽しむことを覚えたいものです。

 ・・・やはり、気づくのが遅い!