冬支度

 札幌での個展と、東京でのグループ展が終わり、気がつけば既に11月も三分の一が過ぎています。

 展覧会を終えていつも思うことは、誰もが忙しいこの時代、貴重な時間とエネルギーを使って作品を見に来てくださることは、本当に奇蹟に近いことだと。

 ありがたく、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

 そして、更には、作品をお買い上げしていただくなど、ダブルの奇蹟・・・身に余るほど光栄なことです。

 

 また、今回の展覧会でも沢山の素晴らしい出逢いがありました。

 描いていて良かった・・・今回の展覧会ほど、そう強く思ったことはありません。

 本当に、ありがとうございました。

 

 さて、展覧会が終わり、相変わらず後始末に時間がかかり、うろうろしているうちに、冬がそこまで来ています。山奥の植物たちは、ひっそりと息を詰めています。

 普段は機敏な虫たちも、寒さに動きがにぶく、外から逃げこんできたカメムシは、時々仰向けになって足をユラユラさせています。(家人に見つかるとガムテープの刑に処されてしまうので、その前に私が割り箸でつまんで外に出してしまいます。)

 冬支度の1番は、私の場合、衣替えでも、暖房でも、熱々の鍋でもなく、まずは覚悟を決めることかもしれません。

「よし」

 よし、よし、よし・・・

 多少の無理はなぎ倒し、冬もまたよし!