春を待つ間に

 毎年のことながら、春を待つ時間が長いです。唯一の楽しみは庭の樹に来る野鳥を眺めることですが、今年はまだアカゲラの姿を一度も目にしていません。

 高速道路が開通した影響なのか、あんなに来ていたヒヨドリもめったに見られなくなりました。

 思えば、鳥たちの姿を愛でることで、私は長い冬を長いなりに楽しむことができていたのですね・・・

 

 それが、今年はこの冬の長さがいつになく重く感じます。

 時間はゆっくり過ぎてほしいものの、春は今すぐにでも来てほしいというこの矛盾。

 おやつは沢山食べたいものの、肥るのは困るというジレンマ。

 綺麗な部屋は気持ちがいいけれど、そのために断捨離をする決断がつかない葛藤。

 「絶賛ひきこもり中」の私はもんもんとしながら、今日もアカゲラを待っています。

 春を待つ間に、一度でもいいから来てほしい! 何度も窓の外を眺めながら山の雪にお願いしています。