夜空

 勢いよく季節が変わり、明日から6月です。

 えーっ! 本当に? と自分に突っ込みを入れながら、半信半疑でカレンダーを眺めています。

 ・・・目まぐるしい・・・もうじき夏?

 追いつけない。気分はまだ4月あたりをウロウロしているというのに。

 

 さて、先日は道東に暮らす両親の元に帰り、数日を過ごしてきました。この時期はいつもなら肌寒いくらいの実家です。が、しかし、あろうことか5月最後の日曜日は観測史上初の36℃という猛暑!

 何を隠そう、私は寒さに弱く、そして暑さにも弱いという情けないほどの軟弱体質。当然エアコンなどない実家は、扇風機の風もむなしく、その暑さは真夏の灼熱地獄!

 く、く、くるしい・・・

 私は冷たいタオルを首にあて、夜になったら涼しくなることを切に願いながら、ぐったりと、ただただ時間をやり過ごしていたのです。

 一方、両親はといえば、高齢にも関わらず、暑いねぇ、こんなこともあるんだねぇ、とかなんとか言いながら、にこやかに且つシャンとしているのです。

 さすがに恥ずかしくなりました。

 母にうりふたつの私は、でも、こういう強さに関して、似ても似つかない。

 

 夜、まだ家の中は暑く、2階の部屋は熱帯夜。眠ることを諦めた私は、窓から空を見上げながら、階下に眠る両親のことを考えていました。

 いつの間にか時が流れ、父も母もずいぶん遠くまで来ていたのですね。

 実家から見上げた夜空は、どこまでも広く、そして静かでした。