夏の音

 夏至が過ぎ、6月も終わりに近づいてきました。

 山奥にも、優しい風が流れています。時折、フイッと冷たい空気が襲ってきて、まだまだ油断はできませんが、それでも至る所に夏を感じます。

 

 さて、今月も札幌に出向くことが多く、それを言い訳に、面倒なことは次から次へと後回しにし、ついに逃げ切れないところまで来てしまいました。

 今は猛然と雑事の山を切り崩しにかかっています。

「なんで?なんで? なんでいつもこうなるかな?」

 黒い怒りはグツグツと我が身へ。

「なぜもっと早く出来なかったのか!」

 

 いやもう本当に、この辺で悪しき習慣とはきっぱりオサラバしなければ!

 今度こそ本気で!

 ん? でも、待てよ。

 ハタと天井を仰ぐ私。去年も同じことを反省したような?

 

 ちーーーん!

 

 心に響く夏の音。

 

 あぁ、なんと、これが夏の音とは。

 心を入れ替え、本当に入れ替え、清々しい夏の音を聴きたい!そう心に誓う今日1日。どうかどうか三日坊主になりませんように・・・