秋と冬の間

季節が大きく動いている。まるで生き物のように。

山奥は冬を待つ準備をしている。秋の色を日に日に落とし、息をひそめ、エネルギーを蓄えている。

 

我が家の庭に、ふたたび雀が戻ってきた。

うれしい。

本当に嬉しい。素直に嬉しい。

 

10月はちょっとしたことから何度も泥沼にはまった。自分では気をつけていたつもりだが、気持ちのあちこちにスキがあったのだと思う。

がっかりした。

自分に呆れた。いとも簡単に折れる心の弱さ。

いったいこの脆弱さは何なのだと。

 

とりあえず、最低限のことだけはこなした。人に会い、パソコンに向かい、イラストを描き、家事をこなし、泥につかりながらも何とか日々をやり過ごした。

ずいぶんと長い時間に感じられた。

 

そんな時だった。雀がふたたび庭に降りてきた。

天使かと思った。

ふと我が身を振り返った。一瞬のことだった。

周りには、ありがたいもので満ち満ちていた。

 

秋と冬の間。今こうしていられることに、ただただ感謝しかない。