準備

10月。

まったくピンとこないまま、秋になっている。庭の桂も桜も

葉を落とし始めている。

ゆっくりゆっくり。

冬への準備。

 

常に焦っている自分と、外の自然は対極だ。

小さな植物も、大きな木々も、いつだって悠々としている。その堂々たる安定感を目の当たりにすると、些細な日々のあれこれが、ふと、どうでもいいと思えてくる。

そして、そのすぐ後に、ちょっと怖くなる。

 

どうでもいい。

この言葉に、私は少しだけ用心する。

心の状態次第で、気持ちが軽くなったり、迷いから救われたり、抜け出せたり。でも、使い方を間違えると、決定的なダメージにつながりかねない魔法の言葉。

ここに生きている限り、どうでもいい、と簡単に割り切れるものは、そう多くはない。

 

季節は冬へと向かう。

どうでもいいとは到底、思えない。夏を迎える時の準備とは違う準備が必要になる。

私が大袈裟なだけなのかもしれない、とも思う。

でも、冬は、あまりにも大きく、力強い。

 

私もゆっくりゆっくり準備をしよう。

庭の落ち葉を眺めながら、そう思う。