幸せの種

こんなに早く来た12月。

嬉しいことも、そうでないこともあった2020年。

 

幸せにも種があるとしたら、その種はどこにあるのだろう? 冬枯れの外を眺めながら、ふと思った。

人によって幸せの定義は異なるけれど、私にとっての幸せってなんだろう? 真面目に考えた。真っ先に思ったことは、

 

大切な人が、明るく元気でいること。

 

じゃあ2番目は、・・・と思いを巡らせると、色々出てきて笑った。というか、ありすぎて呆れた。

一瞬、本題を忘れそうになった。

 

 

幸せの種。

どこかにあるとしたら、それは準備の時間にあるのかもしれないと思った。

人に会う時、作品を創る時、ご飯を食べる時、寝る時、朝起きた時・・・ 準備というのは、かなりの確率で面倒なものだ。できれば他の誰かにやってもらいたいくらい。

でも、準備の時間があったおかげで、思わぬプレゼントをもらったことは数えきれない。

もちろん、準備したことの全てがHAPPYに結びつくわけではない。けれども幸せの種は、多分そこら中に散らばっているのだと思う。

来年は、幸せの種を少し丁寧に育てたい。

焦らず、欲ばらず、・・・自分を戒めながら。