ハルゼミの大合唱が続いている。新緑とのコラボレーションが清々しい。つかの間の季節。目を閉じると今を忘れそうになる。

 

先日、暗闇の中、ゴーッという恐ろしい音で目が覚めた。

山鳴り?

カーテンを開けると、うっすら見える黒い木々がぐにゃぐにゃに揺れていた。

踊っている!

一瞬そう思い、次の瞬間、現実の恐怖に襲われた。

 

その日の風は、ここに引っ越してきて初めて味わう恐ろしい風だった。

 

私にとって、今も昔も、風は心地よさの象徴だ。

気持ちのよい風にあたっていると、自分もこのまま透明になりたいと思う。

目に見えない。形もない。色もない。

ただただ感じるだけの風に、でも、人は様々なことをふくませる。

 

なかなか機会に恵まれないが、数年に一度の割合で、信じられないくらい爽やかな風に出逢う時がある。

別名、幸せの風。

あの風につつまれると、本当に自分が溶けてしまいそうになる。

今年こそは、あの風に出逢いたい。

ハルゼミの声を聴きながら、祈るように思った。