音と睡眠

 

この春、YouTubeで「カフェの雑音でなんだか勉強に集中できる90分タイマー」と言う動画を見つけた。25分刻みに、音楽とカフェの雰囲が静かに流れる。

集中力の低下が気になり、どうしたものかと思っていたので、かなりの頻度で活用している。その名はstudy timer

 

作品を描きながら、考えながら、眺めながら・・・本当にカフェにいる気分になる。面白いと思う。やっぱり音は大事だ。

 

よく眠れた日はさておき、眠れなかった日、私の集中力は特に悲惨で、頭の中が川のようになる。もちろん澄んだ川ではない。濁流だ。描きながらそのような状態になると、制作がストップしてしまう。

 

音も大事だが、睡眠はもっと大事だ。

でも眠ることに集中しようとすると逆効果になる。実は以前まで、ずっと薬に頼っていた。そして、ある時から全く効き目がなくなった。それを機会に、すっぱり飲むのをやめた。

 

リラックス。リラックス。本当に体が必要と思えば、必ず眠れる。

そう。そう。そう。

・・・・

「カフェの雑音でなんだか勉強に集中できる90分タイマー」をあまり使わずに済んだ日。それは、よく眠れた日。

睡眠のバロメーターになっていたことに、今あらためて気がついた。