夏の1日

今年の夏は、蝉の合唱がずいぶん長く続いている。なかなかその姿は見えないけれど、

今日も頑張ってるな、とホッとした気持ちになる。

山の緑も、川の流れも、風も、夏を満喫している。

特別なことがなくても幸せを感じる季節だ。

 

さて、この夏、何を思ったのか、家人が燻製に凝り出している。

理想のスモークを目指すのだという。チーズやソーセージをどっさり買い込み、

何やら色々やっている。

一度言い出したら誰の声も届かない。

「美味しくできたらいいね」

一応、声をかけておく。

 

昨日のことである。色々試行錯誤していたらしいのだが、庭を見ると今までとは明らかに違う白い煙。モクモクとすごい勢いで一面に立ち込めている。煙は窓から部屋の中にも入ってくる始末。

どうやら、火加減が強すぎて、燻すどころか、チーズもソーセージもすっかり燃えてしまったらしい。

詳細は省くとして、

「今度こそ!」

本人はがっかりするどころか、ますます闘志を燃やしている。

 

私は、これだなぁ、と思った。失敗しても、再び挑戦すること。し続けること。

家人からは時々大事なことを学ぶ。

 

今日は途中になっていた作品の続きに取りかかろう。一休みのご褒美は、もう少し後だ。

なんだか強気でいけそうな気がする。